So-net無料ブログ作成
検索選択

ニック・ドレイク「ピンク・ムーン」

僕はいわゆる応援ソングが苦手。
「がんばれ」とか「夢をあきらめるな」とか。
余計なお世話なんだよな~頑張ってるでしょ、もう十分、それとも何?頑張りが足りんとでも?といちゃもんの一つもつけたくなります。。
そもそも本当にそんな歌に意味があるのでしょうか?
それを必要としている人がいるから売れるんでしょうが。
しかしぼくには中学の部活の悩みくらいのレベルにしか聞こえません。

早速の悪口恐縮ですが初回ははニック・ドレイクの「ピンク・ムーン」。
そんな人生応援ソングとは対極にある1曲です。
ギターのストロークとシンプルなピアノのリフに物憂げなボーカル。
どこか浮世離れした雰囲気。しかし不思議な人懐っこさがありポップとさえ表現できるかも。

そしてこの曲は魂の暗黒を知るとき、そっとそばに来て語りかける。
「誰も勝つことはないんだよ」と。
本当の人生にはこんな曲こそが必要。

ニック・ドレイクの詳細はWikipediaで↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF

アルバムも最高。素晴らしい瞬間が何度も訪れます。






輸入文具通販DESK LABOでWORK。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

a

ニックドレイクいいですよね。
あの囁きが。

ロバートワイアットも、ビーフハートもかっこいいですよ。

もっと音楽日記更新してください。
by a (2011-04-09 23:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。