So-net無料ブログ作成
検索選択

ビーチボーイズ「ゴッド・オンリー・ノウズ」

なにもいまさら僕に紹介されなくても必殺の「名盤」アルバムであることは間違いありません。
そもそもこのアルバムについて「語る」ことが無駄に思えるほど、高名なアルバムです。
しかし高名であるが故、聴いていないひねくれ者、そう、以前の僕、そしてあなた、損してますよ。
人生においてちょっとした損失です。

確かに(今ではそれほどでもないと思うけど)普通のロックファンにはビーチボーイズにはサーフィンのイメージがあまりに強く、脳天気、軟弱といったいわれもないイメージがついているのも事実。
実際、このアルバムまではそんなイメージで売れまくっていたわけです。
しかしこのアルバムは周知の通り、ブライアンがその才能を全く別のレベルで開花させたアルバムなのです。

特に好きなのが「ゴッド・オンリー・ノウズ」。
美しいメロディと完璧なアンサンブルシングル向けの曲ではないけど印象的な心に残るメロディ。
なぜか少し残酷な感じがするほど美しいのです。
必要なものを全部使って、あっと言う間に終わってしまうところも素晴らしい。
聴きこめば聴きこむほどその素晴らしさ、分かります。

あと「ウドゥント・イッツ・ビー・ナイス」の幻の様な儚さも好きです。


ある意味、とてもロックな一枚。




輸入文具通販DESK LABOでWORK中!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。