So-net無料ブログ作成

マイルス・ディビス「イン・ア・サイレントウェイ」

僕がJAZZを本当に聴き始めたのはこのアルバムから。
当時、アンビエント系の延長で興味を持ち、ピーター・バラカン氏が絶賛していたのを読んで購入。バラカン氏にはほんと、ロックからなにからお世話になっています。(ポッパーズMTV!!)僕にとってのジョン・ピールです。

さて、アンビエントの延長としても楽しめるこのアルバム、
空間の使い方とかいわゆるJAZZとは違います。
非常に絵画的。フリーペインティングのよう。
優れた音楽家がマイルスのもと、自由に絵を描いている。
それはもうスリルいっぱい、なのに牧歌的。
この二律反する感覚がこのアルバムの魅力。
催眠的であり、覚醒していく感じ。
2cm位身体が浮いている感じが楽しめます。
あとリフやフレーズがとても新しい。全然古くないんです。

この後僕がマイルスにどっぷりはまったのは言うまでもありません。
傑作たくさんあれどこの癖になる浮遊感はこのアルバムだけが持つ魅力。
メンバー全員が好演。


イン・ア・サイレント・ウェイ

イン・ア・サイレント・ウェイ

  • アーティスト: マイルス・デイビス,ウェイン・ショーター,ジョー・ザビヌル,チック・コリア,ハービー・ハンコック,ジョン・マクラフリン,デイヴ・ホランド,トニー・ウイリアムス
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2005/10/19
  • メディア: CD



輸入文具通販DESK LABOでWORK!

スペシャルズ「アイ・キャント・スタンド・イット」

今回はスカ、2トーンブームの立役者、スペシャルズ。
1枚目はエルビスコステロがプロデュースでパンクなスカ。
そしてこの2枚目「モア・スペシャルズ」はバンドのリーダージェリーダマーズがその才能を開花させたアルバム。

特にB面はラウンジミュージックの新解釈ともいうべきできでポップでレトロでアバンギャルド。
今聞けば納得のサウンドも当時はあまり理解されなかったのもうなずけます。
その中でも「アイ・キャント・スタンド・イット」がお気に入り。
チープなリズムボックスになんとも安ーい感じのしかし耳から離れないメロディ。
倦怠感たっぷりのデュエットが最高。
かなりへたうまで後半は気持は伝わるがそれじゃ場末のバーのカラオケだよ、的に盛りあがりクライマックスへ。
でもこの曲、名曲、名アレンジです。
へたうまっぷりも含めて愛すべき1曲になっています。
それもねらいか?
奇才ジェリーダマーズの才能をご堪能あれ。


More Specials

More Specials

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 2002/02/08
  • メディア: CD



こちらも名盤。、ピーター・バラカン氏も推薦していましたぜ!「ガールフレンド」最高ッス!

In the Studio

In the Studio

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Europe Generic
  • 発売日: 2002/02/08
  • メディア: CD



輸入文具通販DESK LABOでWORK

シャネット・リンドストレム「リバー・フューチャリング・ロバート・ワイアット」

最近、購入したアルバム。新譜です。
実はシャネット・リンドストレムさんについてはあまり知識がなく、スェーデンのJAZZ VOCALってことぐらいしか知らず聴いたのも今回初めて。
そう、アルバム購入のわけははロバート・ワイアットその人が参加しているから。

ロバート・ワイアットは知る人ぞ知るミュージシャンでその音楽も独特。
もともとソフトマシーンのドラマー、あまりの個性にバンドを首になり、
ソロデビュー前に事故に遭い車椅子の生活を強いられることに。
その後も音楽活動を続け、素晴らしいアルバムを多く生み出しています。
その音楽は力強くも繊細、アバンギャルドなのに癒される独特のもの。
ロックともジャズともいえないまさに「ロバート・ワイアット」の音楽を作る人。

今回の「リバー」という曲、曲自体も素晴らしい(名曲だと思う)のだけれど、この人が唄うと次元が別のものになります。
シャネットさんのヴァージョンも入っているのでと比べるとよくわかります。
ロバート・ワイアットの声はすごく、すごく寒い日に、ほんのわずかに差し込む太陽の光のような優しさがあります。
その暖かさはすごく寒い日の中でしか感じることができない特別な暖かさなのです。
そしてそんな暖かさがあったことを思い出させてくれるのが「ロバート・ワイアット」の声です。
今回もそんな声をたっぷり堪能できます。時と場合によっちゃ泣きますよ、この曲。

アルバムもよかった。全然JAZZじゃないし。スペーシーでなごみあり。色気はないけど。おすすめ。


Attitude&Orbit Control(アティチュード&オービット・コントロール)(直輸入盤・帯・ライナー付き)

Attitude&Orbit Control(アティチュード&オービット・コントロール)(直輸入盤・帯・ライナー付き)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: DISKUNION JAZZ(Playground Music原盤/SWEDEN)
  • 発売日: 2010/03/20
  • メディア: CD




輸入文具通販のDESK LABOでWORK!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。